ビートレーディングのファクタリング利用事例【業種別まとめ】

ビートレーディングのファクタリングは、業種に関係なく利用できます

ただし、業種によって売掛金の入金サイクルが遅かったり、急な発注が多いために必要資金の確保が難しかったりと、業種特有の資金繰りの難しさがあったりもします。

そこでこの記事では、ビートレーディングのファクタリング利用事例を業種別にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ビートレーディングのファクタリング利用事例【業種別まとめ】

利用されている主な業種一覧
  1. 建設業
  2. 運送業
  3. 製造業
  4. 卸売、小売業
  5. 医療、福祉業
  6. 人材派遣業

1. 建設業

建設業のファクタリング利用事例

企業概要 建築塗装
年商 2200万円
従業員数 4名
調達額 100万円
調達日数 1日
使用目的 材料費

建設業ほど、資金繰りが難しい業種はないかと思います。

例えば、工事を受注してかかってくる材料費や外注費は支払いが先に発生します。

そして、工事代金の入金は工事が完成した後になるのが一般的なため、手持ち資金がショートしてしまうという問題が現状多くあります。

手持ち資金がショートしてから融資を申し込んでも入金までに数週間〜1ヶ月は待たないといけないため、高い手数料を払ってでもすぐに入金されるファクタリングを利用するという流れになってしまうということです。

2. 運送業

運送業のファクタリング利用事例

企業概要 食品輸送業
年商 2億円
従業員数 17名
調達額 300万円
調達日数 2日
使用目的 運転資金

アマゾンや楽天などインターネットでの買い物が増え、宅配便の市場は年々増えていますが、運送業自体の規模は縮小傾向にあります。

また、支払いサイトが長く稼働に必要な費用を立て替えないといけないため、仕事が増えれば増えるほど建て替える金額も比例して増えていきます

その結果、手元にある資金がなくなっていき資金繰りが悪化するという負のサイクルに陥ってしまうのが、運送業では多く発生しています。

3. 製造業

製造業のファクタリング利用事例

企業概要 印刷業
年商 1600万円
従業員数 2名
調達額 40万円
調達日数 3日
使用目的 運転資金

製造業は、原材料を加工して製品化したものを市場に提供する業界です。

原材料の仕入れや加工する機械の購入費・維持費、また故障したときの修理費用が必要になってきます。

そのため、他の業種よりも先行投資が多くなり、固定費も高くなるため運転資金をどのように工面するかが大切になります。

4. 卸売・小売業

卸売・小売業のファクタリング利用事例

企業概要 衣類の卸・販売
年商 7億円
従業員数 26名
調達額 400万円
調達日数 2日
使用目的 仕入れ代

卸売・小売業は、売上の回収よりも仕入れの支払いが先になります。

また、注文が入ってから仕入れていては間に合わないため、常に一定の在庫を確保しておく必要があります。

卸売・小売業では、在庫のコントロールが重要になってくるのと同時に、それがダイレクトに資金繰りに影響します。

そのためビートレーディングでも、商品の仕入れ代を補うためにファクタリングを利用するといったケースが大半を占めています

5. 医療系

医療系のファクタリング利用事例

企業概要 内科・小児科
年商 1億円
従業員数 6名
調達額 470万円
調達日数 3日
使用目的 運転資金

医療機関を経営していく上で1番必要なのが、医療サービスを提供する上で欠かせない設備投資ですよね。

他の業界に比べても医療機器は高額なものが多く、まとまった資金が必要となってきます。

また、診療報酬の入金サイトが長く時間がかかるため、医療機器の高い固定費が払えずに資金繰りが悪化してしまうケースも多くなります。

6. 人材派遣業

人材派遣業のファクタリング利用事例

企業概要 人材派遣業
年商 5200万円
従業員数 20名
調達額 250万円
調達日数 3日
使用目的 人件費

人材派遣業の資金繰りが悪化する原因は、派遣社員への給料 (人件費) が多くを占めています。

派遣社員への給料の支払いは「日払い・週払い・月払い」とさまざまで、どの支払いに対しても遅れることなく対応しなければなりません。

しかし、派遣先からの回収が翌月、翌々日に入金されるため、手持ち資金がショートしてしまい資金繰りが悪化するという事例が多く見られます。

まとめ

この記事では、ビートレーディングのファクタリング利用事例を業種別にまとめました。

資金繰りの悩みも業種によってそれぞれ違いますが、基本的に売掛金が入金されるよりも先に支払いが生じることが資金繰り悪化の大きな要因となっています。

ビートレーディングでは単に売掛金を買取るだけでなく、経営者の視点に立って資金繰りの相談にも乗ってくれます。

資金繰りの悪化を少しでも改善したいと考えるなら、ぜひ一度利用を検討してみてください。

今すぐビートレーディングをチェック↓