ビートレーディングのファクタリング手数料はなぜ違う?【ポイントまとめ】

ファクタリング会社を選ぶ際に、手数料が事前にわかっていればどこのファクタリング会社に依頼するか比較検討しやすいですよね。

ただ、どこのファクタリング会社をみても「1%〜20%」と幅広く設定されています。

一体なぜ、こんなに手数料率に幅があるのでしょうか?

そこでこの記事では、(株) ビートレーディングのファクタリング手数料についてお伝えしていきます。

ビートレーディングのファクタリング手数料について

ビートレーディングのファクタリング手数料は、

  • 2社間ファクタリング (10〜20%前後)
  • 3社間ファクタリング (1〜9%前後)

このような範囲で設定されています。

少し高く感じますよね。

これは、2社間・3社間ファクタリングの契約方法の違いによって手数料に差が出てきます

2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングは、売主 (契約者) とビートレーディング (ファクタリング会社) との2社間での契約になります。

この契約は、売掛先の承諾をもらわずに契約するという特徴があります。

そのため、売掛先 (取引先) から売主 (契約者) に期日通りに入金があった後、売主」からファクタリング会社に振込をしてもらわなければなりません

この承諾をもらわず売主から振込をしてもらう行為は、ファクタリング会社にとって回収リスク」が高くなると考えられます。

だから、2社間ファクタリングの手数料は3社間ファクタリングよりも「割高」に設定されているのです。

3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングは、売主 (契約者) とビートレーディング (ファクタリング会社) の2社間にプラスして、売掛先も入れた3社間での契約になります。

この契約は、売掛先に承諾をもらって契約するという特徴があります。

そのため、支払い期日になると売掛先 (取引先) から直接、ビートレーディング (ファクタリング会社) に入金がされます。

だから、2社間ファクタリングよりも回収リスクは低く、手数料も「割安」に設定されています。

同じファクタリング契約の手数料率について

2社間・3社間での契約で手数料の違いが出ることは理解してもらえたと思います。

ただ、同じファクタリング契約でも手数料率が違う契約があります。

それは、以下で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

ビートレーディングのファクタリング審査基準は?ポイントはこの3つ!

ファクタリング契約に大切なのは、契約者本人 (会社) ではなく、「売掛先の信用度」。つまり、売掛金を期日通りお客様に振込をする信用できる会社なのか?ということです。

毎回、期日通りきちんと入金する売掛先であれば信用度は高く、2社間ファクタリングでも手数料は低く設定されるでしょう。

逆に、遅延があったり入金日がバラバラである場合は、信用度も低くなり手数料も高くなってしまいます。

手数料率の差は、売掛先に対する「信用度の差と覚えておくと良いでしょう。

ビートレーディングのファクタリング手数料まとめ

この記事では、ビートレーディングのファクタリング手数料についてお伝えしました。

ファクタリング手数料のポイントまとめ
  • 2社間・3社間で手数料が違う
  • 手数料率は「売掛先の信用度」によっても変わる

このように、「売掛先の信用度」によって手数料が変わるため、一律にするのが難しいということですね。

今回の話でいくと、3社間ファクタリングの方が手数料も低く設定されるのでいいように思いますが、売掛先の承諾が必要になるため、今後の取引に影響が出るリスクもあります。

そのため、ファクタリングサービスを利用する経営者は、2社間ファクタリングでの契約が圧倒的に多いというのも覚えておくと良いでしょう。

今すぐビートレーディングをチェック↓

 

 

詳しい関連記事はこちら↓

「ビートレーディング(BeTRADING)」のファクタリング口コミ評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA