ビートレーディングのファクタリング審査基準は?ポイントはこの3つ!

あなたの会社でも取引する前に、

  • 自社にとってこの契約にリスクはないか?
  • リスクがあるとしたらどのくらいの規模になるか?

このようなことを念頭に置きながら、契約を結ぶはずです。

もちろんファクタリング会社である「(株)ビートレーディング」も同様で、あらゆるリスクを想定しながらお客様と契約を結んでいます。

ここでは、そんなファクタリング会社のリスクや審査基準についてお伝えしていきます。

ファクタリング会社のリスクについて

ファクタリング会社にとって1番のリスクは、

「売掛先の会社が倒産などして、買取代金が回収できないこと」

これが最も避けたい最悪の状況です。

ファクタリングの仕組み上、契約者本人ではなく売掛先」の信用こそがファクタリング契約の重要なポイントになります。

ビートレーディングのファクタリング審査基準

ビートレーディングのファクタリングでは、大きく分けてこの3つが審査をクリアする上で重要なポイントになります。

ビートレーディングのファクタリング審査基準
  1. 売掛先の信用力
  2. 売掛金の支払い期日
  3. 利用者の人柄・態度

① 売掛先の信用力

ファクタリング会社は、「売掛先」からの入金がない限り資金を回収することはできません。

ビートレーディングでもこの会社は確実に売掛金の入金をしてくれるのか?といった観点から契約の判断をします。

ですので、

信頼できる取引先ポイント
  • 社会的に信頼できる (政府機関・上場企業など)
  • 毎月安定して入金がある

このような会社であればファクタリング会社にとっても優良な取引先であり、審査に通る確率も高くなります。

ただ、中小企業であっても、遅延なく毎月決まった期日に入金がある売掛先であれば問題なく契約できるでしょう。

② 売掛金の支払い期日

売掛先から入金される「支払い期日」も審査対象となります。

ファクタリング会社にとって、売掛金を買取した日 (契約日) から売掛先から入金されるまでの期間が短いほど審査も通りやすくなります

例えば、入金期日まで3ヶ月よりも1ヶ月しかない方が「ファクタリング審査には有利に働く」とうことだね!

期日までの期間が長くなるほど、その分だけ倒産などのリスクが起こる可能性が高くなるからです。

③ 利用者の人柄・態度

利用する側である私たちの人柄や態度は、ファクタリングの手数料率に影響してきます。

ビートレーディングのスタッフも人間です。

親身になって相談に乗っている相手に横柄な態度を取られると、「この人のために何とかしてあげたい!」何て気持ちにはなれませんよね?

だからこそビートレーディングでは、契約するまでにお客様と面談をして、「信頼できる人間かどうか」についても審査の重要なポイントとしています。

ビートレーディングの審査基準まとめ

ここでは、ビートレーディングのファクタリング契約において審査となる基準についてお伝えしました。

ファクタリングの審査対象は、借入のような契約者本人ではなく売掛金を入金してもらう「売掛先」が対象となります。

今回お伝えした基準をクリアしていれば、審査に落ちることはまずありません

銀行融資に比べて審査基準のゆるいファクタリング。まだまだ認知度は低いですが、これからの資金調達方法として重宝される存在になるでしょう。

その中でも (株) ビートレーディングは業界のトップを走る会社ですので、安心して相談してみることをおすすめします。

今すぐビートレーディングをチェック↓

 

 

詳しい関連記事はこちら↓

「ビートレーディング(BeTRADING)」のファクタリング口コミ評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA